TOP
      専従業員の雇用が不要

専従業員の雇用が不要

社員食堂を自社で運営する場合は、調理師や栄養士などの常勤者が必要になります。 また、食堂に従事するだけの時間労働者(パートタイムなど)の募集採用なども手間のかかるものです。 しかし、レパストのシステムを実施される場合は、常勤者・時間労働者の雇用の必要がなくなります。

そして、私共から派遣するスタッフは衛生面などの指導を定期的に受けている専門スタッフですから、厨房システムなどの的確な維持管理を任せられます。

経費から見る

人件費の削減
給与・社会保険料等すべて当社が負担します。
諸経費の削減
社員募集にかかる採用手続きが必要ありません。教育・研修の手間と経費が削減できます。

衛生面から見る

安心安全に対する教育・指導
本社及び各事業所にて社員・パートタイマー全てに定期的に実施
ほかにも年間スケジュールによる研修会を実施しています。
最新情報の周知徹底
例:食品衛生法の改定や、感染症の緊急対策などの新しい情報を常に発信

食に関わる従業員に対するレパストの定める規則

年1回以上の健康診断、月2回の検便検査を実施
勤務前 個人衛生チェックを行い、体調不良者は勤務に就かせない
勤務中 手洗いの徹底・衛生手袋を着用・作業中の衛生管理に万全を規す

レパストの取り組み

社員教育・育成だけでなく、社員のスキルアップを(給食サービス管理士/野菜ソムリエPro ets.)応援しています。
また、全国の給食受託事業所へ毎月テーマを決めて「フェア メニュー」を配信し、企業様とご利用者様の要求に応えられるように積極的に取り組んでいます。


※画像をクリックすると拡大表示されます。

食のプロとしての自負

レパストは「食」のプロとして企業様へ様々なご提案をいたしております。
最新知識による衛生面の徹底・食品を扱う専門的な知識・食堂などの専門設備に関する知識・施設の運営管理に要する知識などプロならではのノウハウでお客様からのアウトソーシングをお引き受けいたします。